ヨーグルトの摂取目安量と乳酸菌の効用についてお尋ねします。

質問と回答
  • ヨーグルトの摂取目安量と乳酸菌の効用についてお尋ねします。めず、ヨーグルトの目安量は、どの程度でしょうか。検索すると、100グラムから200グラムまで意見がわかれているようです。次に乳酸菌について。 乳酸菌は胃酸によわく、99,9%以上は死んでしまうそうですが、いっぽうで、たとて死んだ乳酸菌でも、腸で乳酸菌そのものが良い働きをするので、死んでいても生きていても実は腸内善玉菌であることには変わらない、とも何かで読んだ記憶があります。 以上2点、真相は、どうなのでしょうか。ご回答、お待ちしております。
  • 乳酸菌やそれが含まれる食品の健康効果は、議論を呈しており、プロバイオティクスで総称される食品に限定しても広範な分野の事柄です。 ヨーグルトの目安量は、個人差によります。個人的な調査では1パック450mgを朝、昼、夕に分けて摂食するのが量としては限度のようです。 乳酸菌は胃酸に弱く99.9%以上は死んでしまいます。こうなるとただの食物残渣です。したがってプロバイオティクス食品の研究開発では、生きたまま腸に届く乳酸菌、ビフィズス菌の開発に死力を尽くされています。一般的な消費者の考えに至らない熾烈で過酷な競争が行なわれています。 次に医学的な視点から、ヒトの腸の中では100種(説によっては500種類)100兆個もの大量の腸内細菌が食物残渣や老廃物などを発酵、腐敗させながら繁殖しています。顕微鏡でのぞくとあちこちに花々が群生しているように腸内細菌が繁殖し、まるで花畑ような状態に見えます。そんなところから腸内フローラ(腸内細菌叢)といわれています。乳酸菌が生きたまま大腸に届いても、体調や個人差他、多々の要因によって、必ずしも善玉細菌叢を形成し得ないという結論です。これも排泄物から乳酸菌、ビフィズス菌の検出される量から消費者が期待するほど容易に腸内細菌叢を形成し得ない事が確認されております。 また乳酸菌とビフィズス菌は厳密には別のものですし、乳酸菌には動物性と植物性のものがあります。 プロバイオティクスについての知恵ノートを執筆中ですが、読者に理解される内容になり得るのか、結論として、どのようにまとめるのか悩んでいます。