ヤクルトの営業さんが来ました。

質問と回答
  • ヤクルトの営業さんが来ました。 ヤクルト400LTが、NK細胞を活性化させて抵抗力をアップさせて癌に効くとのこと。 ヤクルト400LTをHPで見てみたら、特定保健食品になっていて、その許可表示は『生きたまま腸内に到達する乳酸菌 シロタ株(L.カゼイ YIT 9029)の働きで、良い菌を増やし悪い菌を減らして、腸内の環境を改善し、おなかの調子を整えます。 』とのこと。 ということは、営業のときに『おなかに良いですよ』や『便秘に効きますよ』くらいはOKだとしても、『抵抗力を上げますよ』や『癌に効きますよ』というセールストークはマズイのではないでしょうか? 薬事法に抵触しないのでしょうか? ご丁寧にチラシまでくれました。 以上、よろしくお願いします。
  • そうですね、四角四面に考えれば違法です。 抗がん剤としての機能をうたってトクホになっているわけでは ありませんので。 しかしまあ、腸内環境を正常化することで健康が維持できれば 当然抵抗力も上がるでしょうし、腸の運動が活発になって 老廃物の滞留が減れば、がんのリスクも下がるかもしれません。 そういう遠因にはなり得るということを、セールストークで 話すことは、(法的には良くないかもしれませんが)ある意味 当然なことのようにも思います。 それを全部見咎めていたら、健康食品なんかひとつも売れなく なってしまいます。 健康食品の普及は、国の医療費削減につながる一手とされており 基本的に国はウエルカムの立場です。露骨にやり過ぎれば 取り締まられますが、グレーゾーンにひとつひとつ目くじらを 立てて検挙して回ることはないでしょう。 もっとも、紙に書いた証拠を残してくるのはかなりヤバ目です。 ヤクルトほどの大手がそこまで露骨なことを表立ってやるとは 思えませんが、そのチラシは販売店で簡単に作ったような 質素なチラシではないですか?