腸内環境について。

質問と回答
  • 腸内環境について。 よく、体質改善、免疫力アップ等、 その為には腸内環境を良くして、 善玉菌を増やした方が良いと言われてますよね? その為に1番、手っ取り早いのは、 乳酸菌を摂取 する事だと、知恵でも良く回答されてますが、 牛乳アレルギーの人は、逆に好酸球菌が増えてダメですよね? では、腸内環境を良くする為には、 牛乳アレルギーの人は何を摂取したら良いですか??(A;´・ω・)フキフキ 私は、野菜も食べますし、お肉も食べます。 水分もちゃんと採っています。 牛乳アレルギーの人の腸内環境改善! 是非、方法を知ってる方、 伝授願います(^人^)
  • むかしアレルギー薬の研究をしていた者です。 日本人の腸内環境を良くするためには、牛乳から作るヨーグルトに使われる「動物性」乳酸菌ではなく、沢庵やお漬物を発酵させるときに用いる「植物性」乳酸菌のほうが合っています。 欧米人のように牛乳やチーズなどを毎日大量に消費する民族には、乳清タンパク質を餌とする動物性乳酸菌があっているのですが、日本人のようにコメや大豆のような植物繊維を豊富に含む食事を主食にする民族には植物性乳酸菌があっています。 最近、「生きて腸まで届く」「高生存性乳酸菌」を謳った「動物性」乳酸菌のヨーグルトなどが売られていますが、この様なものを摂取しても、動物性乳酸菌の餌となる牛乳やチーズなどの乳製品を毎日ドンドン食べなければ、菌が腸内で増え続けていくことは出来ません。 普通の日本人であればコメの御飯と味噌汁とおかず、と言ったものを食べて生活をしていると思いますが、この様な場合は植物性乳酸菌のヨーグルトなどを食べると、日常の食事により植物性乳酸菌の餌となる食物繊維が常に供給されるため、菌が腸内で順調に増えていくことができます。 では植物性乳酸菌を摂取するためにはどうすればよいかと言えば、市販品では、(大豆アレルギーが無いことを前提として)豆乳を原料とした植物性乳酸菌のヨーグルト、例えばカゴメ食品の「ラブレ ヨーグルト」などを買って飲むと良いと思います。私も時々飲みますが、普通においしくとても豆乳でできているとは思えません(ピーチ味が旨いです)。 また毎日の食事で沢庵やお漬物を少し多めに食べると安上がりで確実です。 しかし、腸内環境を改善してアレルギー体質の改善やガンなどに対する免疫力アップを目指すなら、年単位での取り組みが必要です。1年以内の「短期間」での試みでは殆ど成果が上がらないと思います。 数年前にアメリカの学者が、一卵性の双子を対象とした実験で、ヨーグルト摂取の有無で腸内細菌などの変化に差が認められなかったという結果を報告しています。 Nathan McNultyら Science Translational Medicine 2011; 3: 106ra106 しかし、いわゆる腸内細菌叢(腸の中の細菌の分布割合のこと、腸内フローラとも言います)が7週間程度の短い期間で変わると予測して実験に臨むこと自体、細菌学の基礎を心得ていない、あまりにもお粗末な実験ではないかと思います(私個人の意見としては、このような短期間の実験計画を立てること自体、研究者としての資質を疑いたくなります…)。 腸内の腸内フローラや、口の中の口腔内フローラはちょっとやそっとじゃ変わるものではありません。だからこそ長い時間をかけて少しずつ変えていく必要があります。 すみません、論文批評となってしまいご質問内容から少し逸脱してしまいまいた。 ご質問者は、「牛乳アレルギーの人の腸内環境改善! 是非、方法を知ってる方、 伝授願います」と書かれてありましたが、牛乳に依存する動物性乳酸菌から視点を変えて、植物性乳酸菌を主体とした腸内環境改善を目指される方が、ご質問者自身にも合っているのではないかと思います。 以上ご参考になれば幸いです。

回答はありません

是非あなたの回答をお聞かせ下さい!