ビフィズス菌と乳酸菌ではどちらの方が整腸作用が高いですか?。

質問と回答
  • ビフィズス菌と乳酸菌ではどちらの方が整腸作用が高いですか?
  • ビフィズス菌は乳酸菌です。ビフィズス菌、乳酸桿菌、乳酸球菌の3種類すべてが乳酸菌で、ビフィズス菌は大腸にいる菌です。大腸は小腸から送られてきた水状の食べ物のかすから水分吸収し、便の形にする場所です。 乳酸桿菌は小腸で食べ物と一緒に吸収され、免疫細胞を強くしてくれるので、菌やウイルスを攻撃して健康に役立ってくれます。また、酢酸も作り出すので、腸を刺激し、ぜんどう運動をよくして便の出をよくしてくれます。 整腸作用で言ったら水分の吸収をして便の形にする大腸できくビフィズス菌はもちろんいいですが、小腸できく乳酸桿菌もビフィズ菌を増やしてくれますよ。 乳酸菌を使った食べ物や飲み物を製造されてる会社などを検索されたらいいかと思います。私は便秘気味なので乳酸桿菌を毎日と、週に2回ほどビフィズス菌をとってます。