ビフィズス菌と酢を一緒に摂取すると効果がなくなると聞きました。

質問と回答
  • ビフィズス菌と酢を一緒に摂取すると効果がなくなると聞きました。それは本当なのでしょうか?教えてください。
  • ビフィズス菌(ビフィドバクテリウム属の乳酸菌)は、酸性に弱い性質があります。 ですから、通常は経口摂取しても、胃酸で死滅してしまいます。 現在、「腸に届くビフィズス菌・乳酸菌」として市販されているものは、大きく2種類あり、腸溶性カプセルに菌を封じ込めたものと、品種改良によって酸性に強くなった菌を使ったものです。 食品としてしはんされているものは、耐酸性菌株によるものです。 これら耐酸性菌株は、食酢などとはかけ離れて強力な酸である胃酸(主要成分は塩酸)に耐えるものですから、食酢そのもので飲み下すようなムチャをしない限り、効き目がなくなるという心配はないでしょう。 なお、耐酸性菌株は、生きて腸に届くことは確認されていますが、住み着くという証拠は、まだ得られていません。 だからといって効き目がないわけではないのですが、もし腸内細菌叢のバランス回復を目的と刷るならば、医薬品として出されている乳酸菌類(ビオフェルミンなど)の方が効果的ではあります。

回答はありません

是非あなたの回答をお聞かせ下さい!